Advanced Medical Care Inc.

新たな挑戦、

新天地で日本一のメディカル

ブランド確立を目指して

クリニック運営サポート

課長補佐小田

Q1
現在の仕事内容は?

入社して2ヶ月を迎えました。華々しい成果や実績があるわけではありませんが、東京ミッドタウンメディカルセンターの運営全般に関わる東京ミッドタウン運営部に所属し、部門の垣根を越えて課題の解決をしていけるように運営をサポートしています。

はじめは健診センターのコンシェルジュとしてお客様のエスコートを経験したのち、現在は事務方としてドック・健診部門の運営サポートに携わり、課題の洗い出しや会議の運営などを行っています。

そこで働くコメディカルのスタッフが専門性を発揮できるように環境を整備し、様々な部署間での課題に横断的に関わるということは事務方にしかできないことだと思っています。そしてそこに自然と魅力や、やりがいを感じています。

Q2
AMCに入社したきっかけはなんですか?

前職では総合病院で長年医療事務として勤務してきました。特に多様化する複数のケアミックス病院※1で様々な症例や包括医療費支払い制度(DPC)※2などの診療報酬請求を経験しました。医療事務としてのキャリア形成の中ではこの上ない経験を積むことができました。

ただ、請求業務に特化するのではなく、より幅広い客観的な視点から医療機関を活性化していくことはできないかと思うようになり、転職を決意。これが最初で最後の転職という強い思いで臨んだ中で出会ったのがAMCでした。医療機関の運営支援に幅広く携われる点が入社の決め手でした。

※1急性期、慢性期、介護療養の機能を備えた病院
※2医療費の計算方式の一つ

Q3
職場の仲間や雰囲気はどうですか?

風通しがよく、温かい雰囲気だなと感じました。日々色々なことに駆けずり回っている私ですが、幸いにして院内のみならず、入社後に多部署の研修などで関わった多くの方たちが、気遣って色々と助けてくれます。入社直後で余裕がないのが伝わるんでしょうね、みなさん大変温かく接してくれます。

そして何より、AMCには型にはまらない自由な空気がありますね。自分で課題を見つけ動かないと前に進めない難しさもありますが、まさにわたしが望んでいた自主性が求められる環境だと感じています。

Q4
入社して感じた仕事の苦労、喜びはなんですか?

とにかく覚えなければいけないことが多くて驚きました。新たな挑戦ということで今の仕事は決して楽ではありませんし、甘くないと強く感じています。それでも何より自分がやりたかったことをやれる環境に今いることができているので、前向きな気持ちで取り組めています。また、まだ入社して2ヶ月ではありますが、様々な課のスタッフから職場での悩みや課題を相談してもらえるようになってきました。

様々な課の間に入って問題解決に向けて取り組むことができるのは、どの課にも属していない自分だからこそできるのではないかと思うのです。簡単なことではありませんし、入社したばかりの自分はまだ何かを解決に導けたわけではありませんが、スタッフのみなさんが抱える想いを受け止める中で、少しでも期待に応えたいという使命感を今、いっそう強くしているところです。

Q5
将来の目標や夢を聞かせてください。

私たちの会社はまだ若く、これからますます発展し成長していきます。AMCが掲げる「健診事業において日本一のメディカルブランド確立を目指す」という大きな目標達成の一翼を担いたいと思っています。ただ、もちろんその夢を実現するためには、これからどんなにAIが発展してもそこに携わる血の通った人が互いに成長し、同じ方向を向いて期待値以上の卓越したサービスを提供できなければ来院されたお客様に感動は生まれないと思っています。

“働く人たちがやりがいを持てること”が欠かせないと思うのです。クリニック全体が目指すビジョンとそこで働くスタッフの一人ひとりのビジョンがどんな時にもどこへ行ってもブレずに一つになり、みんながハッピーになれるようなクリニックを作り上げることが私の当面の目標です。

東京ミッドタウンメディカルセンターのお客様に今よりももっと喜ばれて、スタッフのみなさんがよりいっそう活き活きと働いている姿を見られるようになるとうれしいですね。

<1日のスケジュール>

8:30
出社
通勤時間が長いので、スキマ時間を使って本を読んだり、その日のスケジュール確認を行っています。出勤時間は早いですが、すぐに慣れましたよ。
8:45
クリニック業務
ドック・健診それぞれの部門へ行き、各科スタッフに声をかけながら、当日の部門全体の進捗状況を把握します。特に待ち時間に関してはお客様にとってシビアな問題なので、遅延が発生しそうな状況を一早く判断し、体制のフォローを各科に促すようにしています。
11:00
デスクワーク
午前中に溜まった社内のメールチェックや、採用面接などを行っています。
13:00
お昼休み
以前は弁当を持参してデスクで食べていましたが、今は基本食べないですね。むしろ食べると眠くなってパフォーマンスが下がることに気づいたので、英気を養うために仮眠を取っています。15分~30分程度ですが、とてもリフレッシュできて、その後の仕事にも集中できます。
14:30
ミーティング
午後は様々な部署を交えた会議や、委員会などのミーティングが多いですね。業務上アサインされる会議が多いのですが、各部門の様々な問題点を目の当たりにしたり、大きなプロジェクトに携わることができるのはとても光栄で、勉強になります。
16:00
デスクワーク
担当部門の様々な課題を整理して改善案を作成したり、会議の議事録や次の会議のアジェンダ作成などを行います。日中の仕事に一旦一呼吸置いて、ここからはやっと1人で向き合う時間です。
19:30
退社
夜の六本木は昼間とは違った雰囲気があり、とても賑やかで魅力的ですが、まっすぐに家に帰るようにしています。たまに誘惑に負けて飲みに行くこともありますが、子供たちが起きている時間には帰りたいと思っています。やはり、子供たちの無邪気な笑顔を見ると心も身体も癒されますね。
※所属・インタビュー内容は、2017年12月時点のものです
他の若手リーダーを見る
特集トップへ