Advanced Medical Care Inc.

「ここに入職してよかった」

と思ってもらえるような

採用の仕組みを作りたい

人事総務部 人事総務課

課長補佐永山

Q1
現在の仕事内容は?

一番比重が大きいのはスタッフの募集、面接、雇用契約などの採用業務です。各部署の責任者と連携しながら、AMCスタッフの採用や、AMCが運営を受託している医療法人社団ミッドタウンクリニック(以下MTC)の医師、看護師、技師など医療従事者の採用も担当しています。そのほかにも、社内研修の実施や総務関連の業務まで幅広く携わらせていただいています。

Q2
働いていて楽しいことややりがいは?

AMCスタッフの採用では、前職の人材紹介会社での経験も活かして、候補者の方とのコミュニケーションも型にはまらず自由にやらせてもらっています。医療従事者の採用は、完全なる売り手市場なので、クリニックの魅力をいかに伝えるか、他院に負けないスピード感ある対応、などに日々心を砕いていますが、新しい学びの機会を楽しんでいます。
2017年度は、新施設のオープンもあったことで、100名近くの採用に携わりました。入職が決まった方には、「入職を決めたポイントは?」といったアンケートに答えてもらっているのですが、その中で私の対応をあげてくださった方もいて嬉しかったですね。

Q3
AMCに入社して身に付いたスキルは?

「調整力」です。AMCはMTCからの受託で8つの医療施設運営支援を行っていて、クリニックでは医師、看護師、コメディカル、支配人(クリニック運営責任者)、コンシェルジュ、事務スタッフなどAMCとMTCの様々な部署、職種の人間が入り乱れて、日々忙しく働いています。ですので、1つ新しい事をやろうと思えば、各所への連絡、質問や意見への対応やとりまとめ、部署間の連携といった調整が必須になります。私の場合はクリニックに足を運んで、関係者の方としっかりとコミュニケーションを取ることを大切にしています。
裁量が大きい反面、こうすればいい、といったマニュアルはないので、自分で道筋を考えて進んでいくのは大変ですが、自分の成長が実感できる場面でもありますね。

Q4
AMCの好きなところは?

裁量が大きく、役職や年齢に関わらず提案がしやすいところです。ミーティングも多様な意見を受け入れる雰囲気がありますし、上司も話しやすい雰囲気を作ってくれているので感謝しています。
あとは、オンとオフがはっきりしているところですかね。高い生産性が求められる反面、個人のライフスタイルが尊重される風土があります。私は夏も芝生で滑るくらいスノーボードが大好きなのですが、社会人チームで活動したり、大会に出場したりとオフも満喫しています。

Q5
将来の目標や夢は?

入職した人が「ここに入職してよかった」と思ってもらえるような、採用の仕組みやプロセスを作っていくことです。採用活動では、各部署の責任者と連携しながら、求人広告や人材紹介会社を通じて求める人物像を詳細に伝えたり、面接で社風や業務内容をしっかりとご説明したりするのですが、入社後のミスマッチは多かれ少なかれ出てくるものです。それでも、ゼロに近づけることは可能だと思っていて、そういった取り組みを提案して少しずつ実現していっています。例えば、マネージャークラスの方向けに求める人材を採用するための「勉強会」も行いました。今後は、職種別の応募者の傾向や、採用に適した時期、年収の動向など有用なデータを蓄積して、採用活動に活かすといったことも考えています。選考の中で行う適性検査の結果を元に、退職者の傾向を分析するのもミスマッチを防ぐひとつの手段になるかもしれません。
私の仕事の醍醐味は、自分も成長できるとともに、自分が採用に関わった人の成長も見守ることができることです。「採用のことなら永山」というポジションを築いて、多くの人のキャリアアップを応援できたら最高ですね。

<1日のスケジュール>

9:00
出社
必ず朝一番でその日実施する面接準備に取り掛かります。来社した候補者に記入いただく資料や、面接官の使用する社内資料の準備、また、候補者のキャリアを再読し、どのような質問をするか、何をこちらから説明すべきかイメージを練ります。
9:30
面接業務
午前中は1~2面接を実施するため、9:30頃には面接一番手の方の受け入れに動き始めます。面接は始まってしまえば支障なく進むことが多いですが、交通遅延その他の事由で遅れてしまうことも少なくないため、入口の部分でのスムーズな開始を心掛けています。
11:00
デスクワーク
面接が無い場合は入職決定者へのガイダンスや、内定通知書や雇用契約書の作成を行っています。また、候補者の日程調整など、取引先の人材紹介会社と折衝を行ったり、求人に対する応募状況の確認を面接の合間で電話、メールを使って行っています。
13:00
お昼休み
お昼休憩は時間が固定されていませんが、当社は12:00~13:00の面接があまりないため、比較的この時間に取ることが多いです。お昼は一旦リラックスして、午後面接でお会いする方の人生をその方の目線で考えられるよう、頭をからっぽにする時間として活用しています。
14:30
面接業務
多い時は午後3~4面接行うこともあります。ただし、面接が多い日は油断すると調整業務や、内定者対応が滞ってしまう為、随時優先順位を更新しながら対応します。特に看護師の方は、企業の“定時”とは異なる勤務時間の方も多いため、日中は医療職面接が比較的多い印象です。
16:00
ミーティング
自身の担当している社内研修が実施される場合は夕方の時間帯が多いため、今一度参加者の確認と当日話す内容を確認します。採用担当として入社後の社員サポートも大事な仕事なので、毎回何か新しいことが出来ないか模索しながら実施しています。
18:00
退社
定時に退社!・・・と思いきや、採用担当はここからが本番なことも多々あります。転職者の中には在職中の方も多く、現職を終えてから面接に来られる方も多い為です。ですがそのような時は出勤時間を調整出来る為、10時や11時に出社することで勤務時間を調整できます。
※所属・インタビュー内容は、2018年8月時点のものです
他の若手リーダーを見る
特集トップへ