Advanced Medical Care Inc.

News お知らせ

「アドバンスト・メディカル・ケア フェムテック サーベイ Vol.1」を発行しました

当社は、女性の"今"を切り取ってお届けする「アドバンスト・メディカル・ケア フェムテック サーベイ Vol.1」を発行いたしました。 第一弾の調査では30から50歳の一般女性 362名を対象に、女性が抱える健康の課題を解決する「フェムテック」に関する認知度や、「日本女性のデリケートゾーンケア意識」「デリケートゾーンの曲がり角」について調査した結果を紹介しています。 今後もフェムテックが日本の女性のどのように浸透していくか、それに伴い健康意識がどのように変化するか、継続的に調査し医師の分析を含むニュースレターを発行していきますので、ぜひご覧ください。 >>詳しい調査結果はこちらから(PDF:695KB)...

当社グループ(株)日本スイス・パーフェクションの髙島屋大阪店にて、「メンズ フェイシャルエステ」を開始

当社グループの株式会社日本スイス・パーフェクションのスキンケアブランド「スイス・パーフェクション」髙島屋大阪店にて、男性専用施術スペースを新設し、7月7日(水)より「メンズ フェイシャルエステ」を開始いたしました。 「メンズ フェイシャルエステ」では、4月に発売したブランド初となるメンズスキンケアライン「CELLULAR MEN FACE CARE」(セルラー メン フェイス ケア)4商品を使用して「メンズ・ベーシックフェイシャル」(30分)と「メンズ・コラーゲンフェイシャルケア」(50分)2つのメニューを展開いたします。 詳細はスイス・パーフェクションWEBサイトからご覧ください。 https://www.swissperfection.co.jp/news/?year=2021...

日本抗加齢医学会総会にて「腟マイクロバイオーム」に関する研究が発表されました

株式会社アドバンスト・メディカル・ケアが運営支援を行う浜松町ハマサイトクリニックの医師、吉形玲美医師による「腟マイクロバイオーム」の多様性に関する研究について、2021 年 6 月 25 日(金)京都で開催された『第21回日本抗加齢医学会総会』にて発表をおこないました。 腟マイクロバイオームの多様性は、性感染症や不妊症、婦人科癌リスクなどとの関連も示されており、これら疾患をはじめ GSM※1予防の観点からも乳酸菌含有のデリケートゾーン専用商品でのケアによる腟マイクロバイオームのコントロールが有用である可能性が示されました。また、これまで一部の不妊治療クリニックのみで実施されてきた腟マイクロバイオーム検査においても、今後は幅広い年代の疾患予防、QOL 向上の指標としての活用も期待されます。 ※1:Genitourinary Syndrome of Menopause の略称で、日本語では「閉経関連泌尿生殖器症候群」と訳されます 【研究の概要】 ■研究期間 2020 年 8 月~11 月上旬 ■研究内容 健常女性 21 名(33-76 歳:平均 49.8±13.9 歳)を対象に、乳酸菌含有デリケートゾーン専用商品(下記①+②) 8 週間連続使用 <使用商品および使用方法> ①乳酸菌配合デリケートゾーン洗浄料 (泡状フォーム:入浴時 1 回あたり 2 プッシュ使用) ②乳酸菌配合ソフトジェルクリーム (ジェル状クリーム:入浴後 1...

学術雑誌にて、性器および泌尿器の諸症状に関する調査結果が発表されました

産婦人科専門医・吉形玲美医師が共著の論文「Online survey of genital and urinary Symptoms among Japanese women aged between 40 and 90 years(日本人の40歳から90歳の女性を対象とした性器および泌尿器の諸症状に関するインターネット調査)」が海外の学術雑誌「Climacteric-Climacteric, DOI: 10.1080/13697137.2020.1768236-」にオンライン掲載にて発表されました。 本調査は、日本人の40歳から90歳の女性を対象とし、インターネットを用いて実施された大規模疫学調査。エストロゲン値が低下した日本人女性を対象として性器および泌尿器における諸症状の頻度を調査するために実施され、その結果、下記のような結果が示されました。 Online survey of genital and urinary Symptoms among Japanese women aged between 40 and 90 years-Climacteric, DOI: 10.1080/13697137.2020.1768236-H. Ohta , M....

当社の「新型コロナウイルス感染症に対する安全対策」について

当社は、新型コロナウイルス感染症に対する安全対策として、来訪者様と自社従業員の安心・安全確保を第一優先に、以下の取り組みを行っております。 ◆接触感染対策 接触頻度の高い箇所のアルコール消毒液等による除菌の実施 来訪者様および全従業員の体温計測の徹底 ※来訪者様には検温に加え、ご体調確認シートへのご記入をお願いしております。 エントランスおよび各事業所へ、アルコール消毒液等の手指消毒剤の設置 ◆飛沫感染対策 来訪者様および全従業員のマスク着用の徹底 室内におけるソーシャルディスタンスの確保 応接室・会議室へ飛沫防止パーテーションの設置 ◆空調感染対策 窓の解放による換気の徹底 各所に設置した空気清浄機およびエアコン等への抗菌・抗ウイルス剤※添加による、ウイルス拡散予防 ※抗ウイルス剤について 当社での使用例 当社では、来訪者様・自社従業員に対して、安全で安心な環境を整えたいという思いから、ダチョウ抗体配合の噴霧剤「V BLOCK Air(ブイブロックエア)」を導入し、空調クラスター対策を行っております。 当剤は、ウイルス等を不活性化する能力が高いことで知られるダチョウ抗体を配合した製品であり、エアコン・空気清浄機のフィルターなどに噴霧することで、空間の抗菌をおこないます。 【参考】 ・ウェルビー株式会社 ニュースリリース https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS04028/00c4658e/114f/41a9/b19c/de28ab5fb96e/140120200706458399.pdf ・株式会社ジールコスメティックス「V BLOCK AIR」ニュースリリース https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000053415.html .maB10{margin-bottom:10px;} ul.check { list-style-type: none; } ul.check li { position: relative; margin-bottom:10px; }...

「日本橋室町三井タワー ミッドタウンクリニック」 外来診療(内科)開始のお知らせ

当社が運営支援を行う「日本橋室町三井タワー ミッドタウンクリニック」は、緊急事態宣言の発令に伴う物品調達の都合等により外来診療(内科)の開始を延期しておりましたが、安定的な運営を行う準備が整いましたので、5月11日(月)より診療を開始いたします。外来診療は、完全予約制となりますので、外来診療ページ(https://www.mtc-nihonbashi.jp/outpatient/)をご確認の上、ご予約をお願いいたします。 また、ご来院に際して「受診前チェックシートのご記入および体温測定」をはじめ、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止のためのお願いをしております。 詳しくは以下をご覧ください。 【重要】新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ https://www.mtc-nihonbashi.jp/news/596/ なお、健康診断・人間ドック部門につきましては5月18日(月)のサービス開始予定です。 今後、行政判断や社会情勢、感染拡大の状況等により、運営状況に変更が生じる可能性もございます。その際は、改めてご案内申し上げます。 受診者様、医療スタッフの健康と安全を最優先に考慮し、徹底した感染予防と安心な環境・診療体制の構築に努めてまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。 【お問い合わせ先】 日本橋室町三井タワー ミッドタウンクリニック TEL:03-3231-2071(平日9:00〜17:30) a:link, a:visited { color: #4CAEFF!important; text-decoration: underline!important; }...

「日本橋室町三井タワー ミッドタウンクリニック」外来診療(内科) 開始 延期 のお知らせ

当社が運営支援を行う、「日本橋室町三井タワー ミッドタウンクリニック」外来診療(内科)の開始を4月13日(月)に予定しておりましたが、去る、4月7日に発令されました緊急事態宣言により経済活動が大きく縮小し、物品等の安定的な調達に支障をきたしております。また、通勤者7割削減も合わせて政府から要請が出ている中、周辺企業の就業者の方々がテレワーク切り替えたこと等に鑑み、当面の間、開設を延期させていただくことにいたしました。 今後の外来診療開始日につきましては、日程が決まり次第ご案内いたします。 なお、スマートフォンなどを利用しましたオンライン診療は、準備が整い次第ご案内申し上げます。 また、健康診断・人間ドック部門につきましては5月18日のサービス開始予定です。 皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。 【お問い合わせ先】 日本橋室町三井タワー ミッドタウンクリニック TEL:03-3231-2071(平日9:00〜17:00)...

渡邉美和子医師がランチョンセミナー用のお弁当の監修、講演をおこないました

当社役員の渡邉美和子医師が、『第19回日本抗加齢医学会総会(6/14~6/16)』にてお弁当の監修をおこないました。監修されたお弁当3種類は、ランチョンセミナーで連日参加者に提供され、同総会セミナーPresidential Symposium『美しさの粋(すい)』にて講演もおこないました。 異次元アンチエイジング弁当『美食の玉手箱』 ~メッセージ~ガマンを強いる生活習慣指導では「幸せな健康」につながりません。美味しくて嬉しくなる、心を癒す食事があってこその豊かたな人生です。「正しい」だけでなく「役立つ」食指導を行うためのヒント詰めた「美食の玉手箱」を開発しました。今回は、最近、食事療法として取り上げられることの多い「低カロリー食」「低糖質食」「地中海食」に着目し、生活習慣指導におけるそれぞれのメリット、デメリットをふまえ「五感を刺激する美味しさ」を最優先に、工夫をこらしたメニューを揃えました。 ◆~フレンチで「低カロリー食」を考えるブルーノート東京グループ 総料理長 長澤宜久氏 × 渡邉美和子医師 ◆~挫折しない「低糖質食」の工夫人形町今半 師範 横田昌之氏 × 渡邉美和子医師 ◆~和食(京懐石)でも実践できる「地中海食療法」創業安政三年 下鴨茶寮 磯崎亮輔氏 × 渡邉美和子医師 『粋美な生き方を支えるための生活習慣指導~アンチエイジング弁当「美食の玉手箱」開発の舞台裏』としておこなった講演では、昨今注目されている食事療法「低カロリー食」「低糖質食」「地中海食」をテーマに作られた、お弁当製作の舞台裏を語られました。 また、「禁止事項が多くガマンを強いる生活習慣指導」ではなく、「楽しく快適であることを持続の秘訣とした健康危機管理」をモットーに日々診療に取り組む中で、あらゆる治療の礎となる生活習慣の改善をいかに日常に定着してもらえるかといった、終わりのない課題に今後も議論し向き合っていきたいといった言葉で締めくくりました。...

日本抗加齢医学会総会にて、エクオールに関する研究が発表されました

産婦人科専門医・吉形玲美医師と、せんだい総合検診クリニックで実施した、「エクオール含有食品によるAGEおよび内臓脂肪面積の改善効果と各パラメータへの影響について -ランダム化群間比較-」の研究結果が、2019年6月14日-16日に横浜で開催された『第19回日本抗加齢医学会総会』にて発表されました。 本研究は、倫理委員会承認のもと本研究に同意を得た健常閉経後女性 57名 (48-69 歳:平均 56±5.37歳 )にエクオール含有食品摂取によるAGE およびCT内臓脂肪面積を含む各種生活習慣病関連パラメータへの影響と更年期症状改善について調査を実施。その結果、下記のような結果が示されました。 1. 各パラメータのうちbaPWV*において、エクオール摂取群で 有意に改善および正常範囲維持者が多かった。 2. AGEの改善者の割合は、エクオール摂取群・エクオール産生者群が75%と最も高く、次いで 非摂取群・エクオール産生者、エクオール摂取群・エクオール非産生者、非摂取群・エクオール非産生者 (37.5%、35.0%、16.7%)の順であり、エクオールによる有意な改善傾向が認められた。 3. 内臓脂肪面積改善者割合は、エクオール摂取群・エクオール産生者群が100%と最も高く、次いでエクオール摂取群・エクオール非産生者、非摂取群・エクオール産生者、非摂取群・エクオール非産生者( 86.7%、85.7%、57.1%)の順であり、エクオールによる有意な改善傾向が認められた。 4. 更年期症状についてはエクオール産生能有無に関わらず、エクオール摂取による改善効果が認められた。 ※baPWV(血圧脈波):血管の硬さの指標となる検査。動脈硬化リスクを確認することができる。 本研究成果から、エクオールの摂取により体内年齢を悪化させるとも言われる「糖化タンパク=AGE」の生成を抑えることや内臓脂肪面積の減少に有用であることが示されました。そしてこの作用はエクオール産生能を有すことでさらに相乗効果が期待されるという結果でした。 また、これまで示されていた「更年期症状の緩和」については、従来エクオール非産生者への効果報告が主でしたが、今回の結果からエクオール産生能の有無によらず効果が認められるという見解が得られました。 今後はエクオールによる体内年齢の改善やダイエットなど新しい領域にも期待がよせられることでしょう。...