女性に必要な
エクオールとは?

女性に必要なエクオール、
それは
大豆イソフラボンパワーの
源でした。

女性の美容と健康をサポートする成分として
広く知られている大豆イソフラボン。

しかし、研究が進むにつれ、
大豆イソフラボンから腸内細菌の力を借りて作られる
「エクオール」こそが、女性の美容と健康に
より強く働くことがわかりました。

腸内イメージ

エクオールはどれくらい必要?
大豆食品は毎日の摂取が
おすすめです

エクオールによる女性にうれしい働きを実感するには、
様々な研究から1日約10mgの摂取が望ましいとされています。

エクオール10mgを作るには約30mgの大豆イソフラボンが必要です。豆腐なら半丁程度、納豆なら1パックが目安です。

エクオールの元となる大豆イソフラボンはずっと体にとどまるわけではありません。だからこそ、原料となる大豆食品を日々の食事に摂り入れるのはとても大切なこと。

エクオールのパワーを感じるためにも、毎日継続して大豆食品を摂取することが必要です。

もちろんエクオールN+ラクトビオン酸で摂取する場合も同様です。

エクオール10mg=大豆イソフラボン30mg

しかし、
エクオールを作れる人は
3人に1人だけ

大豆を食べれば誰もがエクオールを作れるわけではありません。吉形医師の研究ではエクオールを作れる女性は3人に1人だけ……。

エクオールの元となる大豆の摂取量や、
エクオールを作り出す腸内細菌「エクオール産生菌」の働きが関係しています。

特に若い世代ほど作れる人が少ないということも明らかになってきました。

詳しい原因はまだわかっていませんが、食生活の変化が一因と考えられています。

国民健康・栄養調査による豆類摂取量のグラフからも若い世代ほど、豆類の摂取が少なく、全体でも目標摂取量の100gに満たないことがわかります。

ぜひ毎日の食事にもっと豆類を取り入れましょう。

エクオールを作れるのは3人に1人だけ

エクオールを作れる人でも、
日々エクオールの産生量は
変動します。

40代以降の女性の健康と、美容にエクオールのチカラを生かすには1日あたり10mg相当のエクオールが必要だと考えられていました。

エクオールの産生量は大豆食品の摂取量や腸内環境の状態によって変わります。

毎日理想的な量の「エクオール」を作れているとは限りません。

また、腸内細菌は食事や生活習慣だけでなく年齢とともに変化することも知られています。

エクオールの日々の生産量には変化が

鍵は腸内にあり!
実は「エクオール産生菌」は、
ほとんどの人が持っていた!?

これまでエクオールを作れない人は、エクオール産生菌そのものがいないか、数が非常に少ないと考えられていました。

ところが実際に調べたところ、エクオールを作れる作れないに関係なく、
ほとんどすべての人(97%)がエクオール産生菌を持っていることがわかりました。

しかし、これらの人の中でエクオールを作れていた人はわずか22%。

つまり、エクオール産生菌がしっかりと働ける環境があるかどうか、
エクオールを作る鍵は腸内環境にあることが考えられます。

97%がエクオール産生菌を持っていても、22%しかエクオールを作れていません

エクオールを作れる人の
腸内環境
おすすめの食品は?

エクオールを作れる人の腸内を調べた結果、エクオールを作れる人はそうでない人と比べて、腸内細菌の多様性が認められました。
多様性とは腸内環境を作る上で、性質の異なる様々な種類の腸内細菌が存在していることをいいます。

吉形医師の研究から、この腸内細菌の多様性には食習慣や生活習慣が影響していることもわかってきました。

エクオールを作れる人は、緑黄色野菜や淡色野菜、海藻、根菜、きのこ、油ののった青魚やお肉、大豆製品などを食べている食習慣が見られ、腸内細菌の多様性が確認されています。

健康的な生活習慣、食物繊維やたんぱく質を継続的に摂る食生活が大切です。

バランスの良い食生活を

エクオール産生菌を
元気にする
「ラクトビオン酸」

ご紹介したようにエクオールの作られる量は日によって変化します。
その原因の一つが腸内環境の変化です。

エクオール産生菌を元気に活動させるには、腸内環境をベストな状態に整えておくことが大切です。

そこでAMCのエクオールにはラクトビオン酸を加えました。

カスピ海ヨーグルトに含まれる希少な成分「ラクトビオン酸」はエクオール産生菌を元気にする働きが期待されるほか、 年齢を重ねる女性のもろさ対策にも嬉しい成分です。

いつまでも女性らしく、イキイキと毎日を送るために、ぜひお役立てください。

エクオールの日々の生産量には変化が

すべての女性のために生まれた

エクオールN+ラクトビオン酸の
ご購入はこちら

Recommend
おすすめのページはこちら

アドバンスト・メディカル・ケアについて

トップへ

Copyright © Advanced Medical Care Inc.